ライン

おやじのプロフィール

S43年 
都内某電機メーカーに就職が決定。タガが緩んだのか、親から貰った
大事な大事な足代をバンド仲間と飲んでしまい、やむなくヒッチハイクを
決行。2日後無事多摩川を越え蒲田到着。五反田での入社式を無事済
ませ蒲田のアパート、品川の職場、新宿ジャズ喫茶街の3点生活に突
入。電気ポットにインスタントラーメンを投げ込み、それを啜りながら安
ウイスキーを飲む、という生活が祟り若くして初期の肝硬変になる。
そんなある日、友人の葬儀で帰郷の際、故郷の空の蒼さに魅了され
Uターン治療を決意。タイヘン惜しまれながら退社する。


S46年
 帰郷後即入院、ぶっとい注射器で100日間に渡り投薬されるも病状
の改善が見られず、仕方なく無断で病院を抜け出し、「噂で聞いた瓦
屋」のじい様が調合する怪しげな薬を服用、見事完治する。
体力づくりと金欲しさにハヤリのちり紙コーカンを始めるが、紙には
見向きもせずひたすら車の解体、金属の回収に従事し、3年後100坪
の土地を持つまでに財を成す。うーーーん、ここまではヨカッタ。
  がここで発病
(今度のビョーキは何じゃろかな?)

S50年
ド、ドーシテモジャズ喫茶がやりテエ!の一念に駆られ、土地・家屋を
売却するや材木問屋に走り、10坪の店を作る。当初90枚でスタート
(信じられる?)したレコードも2年後には600枚になり、お客もぎょーさ
ん来ておったが、ドーモ雰囲気が違う。客がうるさい、よー喋る。ヴォ
リュームを上げれば向こうも負けんように叫ぶ、というようなことで
あっさり閉店。
レコードとオーディオ等備品を売却、その殆どを飲む。(九州男児は思考
が短絡的で困る) あ!俺だけか、すまんスマン。
   
で、S54年 又発病。
残った金を持って竹林に走り込み、竹切りあんちゃんと化す。2週間後、
竹の青さも美しく店内を改装、純和風居酒屋「庵屋」を開店。地取れ
伊勢エビのお造り、ナドという物を供し順調な売り上げを上げるが、
盆、暮れに帰郷するジャズ・ファンを大いに嘆かせる。
すまなんだナあん時は

S55年
最後の砦を失った、熱烈常連ジャズ愛好家の強い要望を受け
又々発病。
彼等から多額の個人的な借金を受け屋号を元に戻し、現在の
店を開店。不足を信販会社から借りて運が尽き、2年後早くも
関係各位に多大な迷惑をかける。店内送電打ち切り45日目、
3日後に迫ったライブの件でサックスの梅津氏よりTEL。
窮地に一勝を得、辛くも救出される。
D・U・Bのボランティア・ライブで再起動した店は、平成7年20周年
を迎え、中央から遠く離れた店が願って止まない連夜のライブを6日
間に渡って敢行。延べ400人のお客を魅了する。多くの人たちの手で
生かされているライフタイムは、2000年の現在まで月1~3回、国内
外で活躍する
ミュージシャンを招聘。又、週2~3回宮崎在住のプロ
アマのミュージシャンにジャムセッションの場を提供している。
当店での有料ライブのお客動員アベレージは40人、
一方、会館サイドでは1000人。
いったい宮崎のジャズ・ファンは、ド、ド、どーなっておるのダ!



草野 賢治郎


明田川荘之・望月英明 DUO





メール


 トップヘ